ごあいさつ

 

世界は新型コロナウイルスの大きすぎる影響下で当たり前が特別な世界と変化致しました。
秋葉区でも様々な制限を感じながら多くの皆様が生活し、仕事を成されています。
収入も減り、生きていくにもつらい状況がある方々も多くいる厳しい現状です。

YEG活動も大きく制限が掛かり、楽しく活動し集まることの出来ない難しさに直面しました。
私は、この事態をなんとか打破したい。
止まることなく動きつづけ、地域を愛し、夢に挑みたい。
多くのメンバーが連帯の証を体感できるような事業を成し遂げたいと考えております。

本年度は、当会から新潟県連会長を輩出する特別な年です。
新津YEGはメンバー一丸となって県連会長の全面的な支援を行い、全力で支えていく。
そこにはメンバーにとって多くの気付き・学びがあります。今年度の挑戦の1つです。

単会としては「超克」のスローガンを基本とし、多くの人が集まることなく、特色ある活動をしたい。
1つの事業を3委員会で分担することで、少人数で動きながら事業をまとめ、展開したいと考えております。

私がYEGに入会し嬉しかった事は、利益を得ても良い団体と云うことです。
親会に関連するイベントに出店し、地域のお客様の笑顔と利益をメンバーと一緒に得る楽しさは掛け替えのないYEG活動の一環だと感じております。
イベントで活躍する新津YEGの宝の1つである「しごなな焼」。
先輩方が発案したブランディングを今年度再考し、新しい商品開発を軸として、創造し、発信する。研修委員会・交流委員会・総務委員会で作業を分担し、新たな「しごなな焼」を作り出そうではありませんか。

また、YEGは提言を行う団体です。
直前会長が提案した、「コロナ禍での誹謗中傷をしない、屈しない」試みは、住みよい郷土づくりに貢献し次代への先導者としての責任を自覚する事に繋がります。
今年度は新津YEGからもホームページやSNS等で情報発信し、地域社会の健全な発展を図って行きます。

来年度は新津YEGが30周年を迎える年となります。
そこで特別会議を役員会で開催し準備を整えて行きます。
また、継続事業として行って来た亀田YEGとの合同事業を本年度も行い、近隣YEGと更なる連携や交流を深めて行きます。
新しい生活様式をも超克し、行動こそ時代を先駆けるべき青年の責務と信じ、メンバー力を合わせ進んでいきます。
人はすべて、何かを成し遂げる目的を与えられ生を受けたと思います。
力強い皆様の協力を得て今年度を全力で進む所存です。
何卒よろしくお願いいたします。

 

令和3年度 会長
江戸屋クリーニング店
柳田 慎剛